各種サービスと料金表

各種ご入力いただき、お問い合わせください。
設立からの社会保険手続の流れのご説明は下記の通りです。
1~4までは無保険の会社は通常行います。
5~8までは加入する人数分で料金が変わってきます。
労働者を雇用するようになったら、適用事業所報告を遅滞なく労基署に提出しなければなりません。
まず、会社が社会保険に加入する必要がございます。
社会保険に入ることで、従業員の傷病手当金等の取得や年金の加算が可能になります。
まず、会社が労働保険に加入する必要がございます。
加入することで従業員が労災や雇用保険に入れます。
保険関係が成立した日の翌日から起算して50日以内に1年分の労働保険を概算で前払いする申告書
法人の代表や週30時間以上働かれる従業員が対象です。
加入することで健康保険や厚生年金に加入できます。
週に20時間以上働かれる従業員が対象です。
加入することで、失業保険や育児休業等を取れるようになります。
※離職票 5000円
被扶養者に保険証を渡す場合に必要な手続きです。
1日8時間または1週40時間を超えて働かせる場合、必ず届出が必要な書類です。
従業員を雇入れる場合、期間、時間、休日、賃金等を必ず書面で明示しなければなりません。
その他手続き
毎年6月1日~7月10日の間に、労働保険料の申告書を作成・届出しなければなりません。
毎年7月1日~7月10日の間に、社会保険の標準報酬月額を作成・届出しなければなりません。
病気・ケガで休業し、傷病手当金を申請する時
出産で休業し、保険料免除、出産手当金を申請する時
育児休業し、保険料免除、育児休業給付金を申請する時
必須

最大200文字まで

必須

最大200文字まで

必須

最大200文字まで

必須

最大200文字まで

必須

半角のみ

必須

最大200文字まで

最大5000文字まで